古くなった農機具は?

新しい農機具に買い替えをするときに問題となるのが、古くなった農機具をどうするのかということです。もちろん、農機具店などで新しい農機具を購入する場合、古くなった農機具を引き取ってくれることもあります。ですが、使い物にならないような古い農機具の場合、ほとんど値段がつかないどころか、処分料金を支払わなければならなくなることもあります。

ですので、農機具の買い替えの場合買取専門業者にお願いするという方法もあります。古くなっていても、買い取りしてくれる業者が多いですし、申し込みもインターネットでできるなど思ったよりも手軽に買い取ってくれる場合があります。農機具は、古くなっていたとしても、海外に輸出するなど、一定のニーズがあります。

農機具の買取業者では、査定を無料で行っているところもあります。新しい農機具を購入するために古い農機具を処分するのであれば、単純に購入店にお願いするのではなく、見積もりだけでも取ってみるとよいでしょう。中古の農機具の需要はどこにあるかわかりませんので、自分が思ったよりも高値が付く場合もあります。そのため、古くなった農機具を処分する前に査定だけでもしておくことをおすすめします。

農機具はどこで購入?

農機具の買い替えを考えるときに重要になってくるのは「何を買うのか」というのもそうですが「どこで買うのか」ということを次に考えなければなりません。購入している農機具のメーカーや仕様が決まっている場合、そのメーカーの代理店が考えられます。有名なメーカーでしたら、全国に代理店を持っていますので、ホームページで調べたうえで、買いに行くのも良いでしょう。

また、農機具を広く取り扱っている農機具店という選択肢もあります。専門店ならではの本格的な品ぞろえと、知識を持った店員さんがいますので、農機具にあまり知識のない人でも、作る作物が決まっていて土地の状況がわかっていたら、最適な農機具を購入することができます。あまり大きくない農機具でしたら、ホームセンターなどでも取り扱っている場合もあります。

一方で、安く購入したい場合は、中古の農機具の専門店もあります。新しいものではありませんが、あまりコストがかけられない人に最適です。

最近では、農機具専門のネット通販もあります。すでにどのようなものを購入するか決まっている場合や、知識のある場合は、そのようなインターネット通販を利用することもできます。しかしながら、修理やアフターメンテナンスについては、専門店のほうが充実していることもあります。

買い替えのポイント

農機具は、安いものではありませんが長く使っているとそれなりに悪くなってしまいます。特に、部品を販売していないくらい長く使っていると、いざというときに故障すると、その年の農作物ができない、といったリスクもあります。そのような際にはあらかじめ買い替えを考えておくとよいでしょう。それだけでなく、時代が進むにつれて技術も高まっていますので、性能の良い農機具がどんどん世に出てきています。農機具を買い替えることで、より広い耕地をよりスムーズに耕すことができたり、播種を早くいっぺんにすることができたりします。そのようなことから、農機具の買い替えが収量のアップと労力の減少を生むかもしれません。そのため、あるものを使うという考えだけでなく、どのように機械にも投資をしていくかを考えていくとよいでしょう。

実は、農機具のメーカーは大小合わせて100以上もの多岐にわたります。そのため、デザイン、価格、性能ともにそれぞれ違いますので、事前にパンフレットを取り寄せたり、農機具に詳しい人に話を聞くなど、情報を収集するとよいでしょう。買い替えのポイントは、メーカーや性能、予算など自分なりの指針を持つことが重要であると言えます。

農機具の買い替え

一般的に農機具の耐用年数は高いものですが、やはり耐用年数がたってくると買い替えを検討することになることが多いでしょう。さらに、農機具は耕地面積によって決められますので、あまりにも大きな機械でずっと小さな面積の田畑を管理し続けるのもよくありません。そのため簡易な機種に買い替えをすることもあるでしょう。また、農地の状況が変わったり、作る作物が変わったりすることも、買い替えする理由になります。

まず、買い替えのポイントは、予算にしたがったものであることです。全部そろえると1000万以上するような高額なものが農機具です。そのため、選ぶときは慎重に選びましょう。

さらには、故障時のサポートが充実していることも大切です。中古のものであまり古いものに買い替えると、故障時に部品がないこともあります。さらに、故障時のサポートがないですと、農機具に対しての知識がなく自分では直せなくなります。高額なものだからこそ、アフターサービスがしっかりしている業者を選ぶことが必要です。

新しいものへの買い替えはもちろんのこと、古い農機具の処分についても考えることが必要です。廃棄をすることもできますが、買取をするのが一般的です。もちろん、場合によっては、新しく農機具を買った業者が古くて使わなくなった農機具を買い取ってくれることもあります。しかしながら、古いもので値段がつかなかったり、買い取り専門業者のほうが高く買い取ってくれる場合もあります。当サイトでは、農機具の買い替えに役立つ情報をまとめています。