農機具の買い替え

一般的に農機具の耐用年数は高いものですが、やはり耐用年数がたってくると買い替えを検討することになることが多いでしょう。さらに、農機具は耕地面積によって決められますので、あまりにも大きな機械でずっと小さな面積の田畑を管理し続けるのもよくありません。そのため簡易な機種に買い替えをすることもあるでしょう。また、農地の状況が変わったり、作る作物が変わったりすることも、買い替えする理由になります。

まず、買い替えのポイントは、予算にしたがったものであることです。全部そろえると1000万以上するような高額なものが農機具です。そのため、選ぶときは慎重に選びましょう。

さらには、故障時のサポートが充実していることも大切です。中古のものであまり古いものに買い替えると、故障時に部品がないこともあります。さらに、故障時のサポートがないですと、農機具に対しての知識がなく自分では直せなくなります。高額なものだからこそ、アフターサービスがしっかりしている業者を選ぶことが必要です。

新しいものへの買い替えはもちろんのこと、古い農機具の処分についても考えることが必要です。廃棄をすることもできますが、買取をするのが一般的です。もちろん、場合によっては、新しく農機具を買った業者が古くて使わなくなった農機具を買い取ってくれることもあります。しかしながら、古いもので値段がつかなかったり、買い取り専門業者のほうが高く買い取ってくれる場合もあります。当サイトでは、農機具の買い替えに役立つ情報をまとめています。